仙台で「インナーゲーム勉強会」開催

令和元年10月9日に仙台で「インナーゲーム勉強会」を開催しました。

参加者の中には書籍のインナーゲームシリーズを読んだことが無い方もいらっしゃいましたが、
「わかりやすかった」
「おもしろかった」
「明日から実践してみようと思います」
と嬉しい感想をいただきました。

本来人間が持っている本能を活用して、より早くより効率的に能力を高め、その能力を自分らしく楽に発揮する「インナーゲーム」の考え方を、より多くの方々に知ってもらいたいですね。

東北地方にはまた行きたいと思っています。
「盛岡でも!」との声もいただいております。計画したいですね。

インナー・ゲーム概論

インナー・ゲームはテニスのコーチであるティモシー・ガルウェイが発見・提唱している考え方です。本来人間は、持っている能力を自然にかつ最大限に発揮する能力を持っており、そうできてないのは自分の中にいるもう一人の自分がブレーキとなっているからです。そのブレーキをはずし、能力発揮の妨害を最小限にする、この自分自身の内側でのやりとりのことをインナー・ゲームと呼んでいます。「インナー・ゲーム」実践セミナーでは、このインナー・ゲームについて、理解し、体感(体験)し、コントロールすることを目指して実施しています。今回、セミナーDAY1の冒頭に話している「インナー・ゲーム概論」について、実際のセミナー動画を6本にわけて公開しています。
登録すると6日間毎日動画をお送りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です