30分でインナーゲーム

大樹祭-Daiju Matsuri-2019〜 "幸せホルモン" フェス〜 焼肉じゃなかよ、嫌われる勇気たい

フェスのゲストとして、インナーゲームを30分で話してきました。

インナーゲーム勉強会では2時間~2時間半
インナーゲーム実践セミナーでは、5時間半×3日

これでも全部を伝えられているわけでは無いのに30分で!

ある意味チャレンジでした。

明確な目標は、「インナーゲーム」という言葉を知ってもらう。

あとは私のセルフ2に任せて好き放題話してきました。

いろんなカタチで「インナーゲーム」を伝えていきたい!
可能性が広がった1日でした^^

インナー・ゲーム概論

インナー・ゲームはテニスのコーチであるティモシー・ガルウェイが発見・提唱している考え方です。本来人間は、持っている能力を自然にかつ最大限に発揮する能力を持っており、そうできてないのは自分の中にいるもう一人の自分がブレーキとなっているからです。そのブレーキをはずし、能力発揮の妨害を最小限にする、この自分自身の内側でのやりとりのことをインナー・ゲームと呼んでいます。「インナー・ゲーム」実践セミナーでは、このインナー・ゲームについて、理解し、体感(体験)し、コントロールすることを目指して実施しています。今回、セミナーDAY1の冒頭に話している「インナー・ゲーム概論」について、実際のセミナー動画を6本にわけて公開しています。
登録すると6日間毎日動画をお送りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です